海外研修プログラム

2017年(フィリピン/アレリアノ大学)

グル―バル人材育成推進事業の一環として、フィリピン海外研修プログラムを2017年9月3日~9月10日までの8日間にわたり実施してきました。参加した学生は、看護学科14名、社会福祉専攻4名、子ども専攻5名、理学療法専攻3名の計26名です。
現地では提携大学の学生や施設に入所中の子どもたちとの交流を通じて、短い時間でしたが異国の文化や生活に触れることができ、楽しくかつ有意義な経験となりました。医療施設の視察では、貧困層の人たちが無料で受診できる病院や産院、精神科国立センター、さらに、富裕層向けの高度な設備が整った私立病院等を見学し、フィリピンの医療事情を知ることができました。また、路上で生活する子どもたちや劣悪な住宅事情を目の当たりにし、生活環境、労働、教育等について考えるきっかけにもなりました。このような経験が学生達にとって、今後の学生生活、社会生活を考える上で、貴重な素材を与えてくれるものと確信しています。

海外研修プログラムの写真
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会