海外研修プログラム

2017年(ハワイ)

グローバル人材育成推進事業の一環として、海外研修プログラムを2017年2月26日~3月3日までの6日間にわたり実施してきました。2回目となる今回は、視察先に「リハビリ病院」と「保育園」が加わり一層学びの幅がひろがる研修となりました。

とくに、HPU(ハワイ・パシフィック大学)では、午前に看護学部と福祉学部の2班にわかれ見学及びレクチャーを受け、午後はHPUの学生と英語でコミュニケーションをとりながら観光や市内散策で出かけるプログラムが組まれました。様々な点で日本との違いが学生には新鮮な体験となりました。

視察は、「The Care Center of HONOLULU(高齢者施設)」「Rehabilitation Hospital of the Pacific(リハビリ病院)」「Waianae Coast Comprehensive Center(看護系病院)」「Star of the Sea(保育園)」の4ケ所で行い、ケアの見学や利用児者と交流をさせていただきました。

参加学生は、快適な滞在先と現地スタッフの細やかな対応により、安心で安全な環境のもとで貴重な体験と充実した学びを得ることができました。今後の学生生活に活かしていただくとともに、次回も多くの学生が参加されることを期待しています。

海外研修プログラムの写真
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会