海外研修プログラム

2016年(ハワイ)

グローバル人材育成推進事業の一環として、海外研修プログラムを2016年2月28日(日)から3月4日(金)までの6日間にわたり実施してきました。現地研修では、担当者や多くの人々と接し、異国の風土、文化に直接触れることができました。また、普段の授業では得られない貴重な体験を得ることもできました。

特にハワイ大学では「アメリカと日本の福祉事情について」、「アメリカ合衆国の医療システムについて」の講義を受講でき大変有意義なものとなり、午後の研修ではハワイ大学の学生と英語でコミュニケーションを取りながら観光・市内散策へと出かるプログラムが組まれ、学生達にとっては貴重な経験となったようです。

クアキニメディカルセンター(病院)・マルヒアナーシングホーム(高齢者施設)の視察では、レクチャーの後、最新鋭の施設設備を見学させていただいたり、利用者さんと交流させていただいたりと楽しい時間を過ごすことができました。

現地での研修は、天候にも恵まれ、学生の熱心な取組と現地スタッフによるわかりやすい説明によりスムーズに実施することができ、参加した学生には今回の成果と貴重な体験、研修で得られたコミュニケーション能力を生かし、将来、グローバル化を意識した人材とし活躍されることを期待したいと思います。

海外研修プログラムの写真
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会