EN

短期大学部 医療福祉学科 福祉総合コース

  • コース概要
  • カリキュラム・科目

短期大学部で介護福祉士受験資格取得後、大学3年次編入し、さらに社会福祉士または精神保健福祉士受験資格の取得を目指します。

  • 学びについて 短期大学部在学中に介護福祉についての知識を深め、また実習等を通して不安を抱えて生活をされている利用者についての理解や直接援助の技術を磨きます。さらに大学3年次編入後は、ソーシャルワーカーとして必要な社会福祉士や精神保健福祉士について学び、直接援助と間接援助相互の理解を深めます。
  • 育成する人材 高齢者、障がい児・者分野で直接利用者の方々にかかわる援助で、直接利用者の悩みや不安をうかがうことができ、さらに地域で暮らす全ての人々へのサポートについても理解することで、多様な活躍の場が期待されます。

活躍が期待される場所

  • 都道府県・市町村等の社会福祉行政・相談機関
     (福祉事務所、児童相談所等)
  • 社会福祉協議会等の社会福祉関係団体
  • 老人福祉施設
  • 障害者(児)施設
  • 児童福祉施設
  • 病院(総合病院・一般病院・精神病院)
  • 老人保健センター
  • 子育て支援センター
  • 精神保健福祉センター
  • 精神障害者社会復帰施設
  • 福祉サービス関連企業 など

目標とする資格

  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉士国家試験受験資格
  • 精神保健福祉士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格
  • 老人福祉指導主事任用資格
  • 家庭相談員任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 児童福祉司任用資格
  • 身体障害者福祉司任用資格
  • 知的障害者福祉司任用資格
  • 福祉用具専門相談員 ※1
  • (介護職員)実務者研修 (※)※2
  • ケアマネジャー受験資格
  • レクリエーション・インストラクター
  • 初級障がい者スポーツ指導員
  • 福祉住環境コーディネーター2級・3級
  • 介護保険事務士(介護事務)

※1 介護福祉士国家資格を取得した場合、福祉用具専門相談員の資格を兼ねます。
※2(介護職員)実務者研修は、同法人内「群馬社会福祉専門学校」の通信課程のダブルスクールとなります。詳細は担当までお問い合わせください。
(※)(介護職員)実務者研修…実務経験から介護福祉士国家試験受験資格を得るための必修の研修です。

  • :本学を卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し卒業することによって得られる資格
  • :本学において所定の科目を履修し、試験に合格することによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における1年以上の実務経験を積むことによって得られる資格
  • :本学卒業後、指定施設・機関における5年以上の実務経験を積み、試験に合格することによって得られる資格
  • :福祉総合コースより群馬医療福祉大学3年に編入後、所定の科目を履修し、卒業することによって得られる資格

カリキュラム

※カリキュラムは変更になることがあります。

学年科目学年科目
1年次
[基礎科目]
道徳教育
スポーツ及びレクリエーション実技
医療・福祉・教育の基礎
マスメディア論
チームケア教育
[専門科目]
基礎演習Ⅰ
ボランティア活動Ⅰ
[介護福祉士指定科目]
人間の尊厳と自立(哲学)
人間関係とコミュニケーション
社会と制度の理解
介護の基本Ⅰ
介護の基本Ⅱ
コミュニケーション技術
生活支援技術Ⅰ
生活支援技術Ⅱ
介護過程の展開Ⅰ
介護総合演習Ⅰ
生活支援実習Ⅰ-①
生活支援実習Ⅱ-①
発達と老化の理解
認知症の理解
障害の理解
こころとからだのしくみⅠ
医療的ケアⅠ
[講座]
介護福祉特講Ⅰ
[コース科目]
高齢者に対する支援と介護保険制度
障害者に対する支援と障害者総合支援制度
心理学理論と心理的支援
相談援助の基盤と専門職
社会福祉特講Ⅰ
2年次
[基礎科目]
英語Ⅰ
英語Ⅱ
[専門科目]
総合演習
ボランティア活動Ⅱ
[介護福祉士指定科目]
介護報酬請求事務
福祉住環境
障害者スポーツ
レクリエーション活動援助法
介護の基本Ⅲ
生活支援技術Ⅲ
生活支援技術Ⅳ
生活支援技術Ⅴ
介護過程の展開Ⅱ
介護過程の展開Ⅲ
介護総合演習Ⅱ
生活支援実習Ⅰ-②
生活支援実習Ⅱ-②
こころとからだのしくみⅡ
医療的ケアⅡ
医療的ケアⅢ
医療的ケアⅣ
[講座]
介護福祉特講Ⅱ
リンパケア
就職指導
編入学指導
[コース科目]
社会福祉特講Ⅱ
社会理論と社会システム
相談援助演習Ⅰ
相談援助の理論と方法Ⅰ
社会福祉特講Ⅱ
児童と家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
社会保障

科目紹介

  • 介護過程の展開Ⅰ 介護過程を継続した生活の一場面として捉え、生活上の課題を把握し、解決していくために必要な介護の在り方等、支援者として果たすべき役割を理解します。
  • 認知症の理解 認知症について学び、その症状に悩む人と生活を理解することによって、介護福祉士に求められる認知症ケアの基本的理解を目指します。
  • 社会理論と社会システム 社会学の歴史、人物や業績等について包括的に学習します。また、人口動態や社会指標では具体的なデータを取り上げて、それを読み取る力も養います。
  • 社会福祉特講Ⅱ 社会福祉士国家試験に向けて、自主的・主体的な学習方法を形成し、継続して学習する習慣を身に付け、編入後の学びが円滑に進むよう取り組みます。
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会